伊千呂×トラフ建築事務所 / 「イチロのイーロ」 コロロスツール

なんだが一度みたら気になってしまうスツール。

そう、小学校の時によく飛んだ跳び箱のようにも見えますね。

スツールのコンパクトな形から張地の色あいと自分のお部屋に置いてみたくなってしまいます。

また、座面は収納可能で、小物やお部屋でよく使用するものなど、おさめられるのも嬉しいです。

張地にはボールチェーンのような素材が入っているのでしょうか。

こちらは、ファッションブランド「ミナ ペルホネン」が2014年に発表したインテリアファブリック「dop」の

タンバリン柄を使用とのこと。

両面モールスキンを使用し、繊細に起毛された生地は、滑らかで触り心地の良い仕上がりとなっています。

長く使うと、ピンクの裏からはパープルが、イエローからはグレー、ブルーからはイエロー、

グレーからはブルー、インディゴのからはダークグリーンの生地が現れてきます。

こういうのって、経年変化を楽しめるということなのでしょうか。♬

チェアの高さはSH530、SH430の2タイプ。

 

そして、このスツールの誕生となるストーリーですが、

伊千呂はあの単色が美しいポリエステル・メラミン化粧板のメーカーと、

トラフ建築事務所のコラボになります。

建築デザイン、ショップインテリア・空間デザインなどをメインに

小物やプロダクトデザインも扱われております。

これらは生活者の視点で製作された家具で、遊びごころをいかしたデザインで

日々の生活の中で私たちを喜ばせてくれそうですよね。

 

 

◆詳細はこちらから

楽天⇒【送料無料】【代引不可】伊千呂×トラフ建築事務所ミナ ペルホネン dop(ドップ)タンバリン「イチロのイーロ」コロロスツール

 SH430(両面モールスキンのダブルフェイス)

ヤフー⇒伊千呂×トラフ建築事務所 / 「イチロのイーロ」 コロロスツール

 



まみ について

今は住宅設備の取り扱い説明を行ったり、内装決めのお仕事をしております。 戸建や公共施設の内装を見れるのは面白いです。 生活する場であるインテリアは、毎日関わりがある場で、 私達に少なからず影響を与えていると思います。 生活しやすく心地よければ毎日の生活も楽しく、きっと自分の一部のようにに感じるのではないでしょうか。 インテリアについて思っていることや、感じていることをお伝えできればと思っております。
カテゴリー: 家具 タグ: , , , パーマリンク