MoMAクリップタワー

020-64604-SD_3

食器の製造プロセスに出るスチールの切りくずを材料にしたというエコ商品で

ショップカードやメモ、小物を掛けるアイテムです。

見た目の雰囲気は何やらスタイリッシュな存在感を放ち、少しだけオブジェ的感覚にもとらえられるようです。

こちらは、バーバラ・フラナガンがMoMAのためにデザインしたクリップタワーだとか・・

私としては、スチールクリップも文具として使用したり、みるのが大好きですが、

ディスプレイ感覚で表現されるのもおもしろいな・・と実感するところです。

以下、引用致しますが、

エール大学で建築家としての教育を受け、ニューヨークタイムズ、メトロポリス、I.Dを含む

多数の出版物で デザインについての記事を手がけました。

彼女の近年のプロダクトデザインのキャリアは、彼女が工場と仕事をしていた頃に

デザインした建築インテリアや、建 築素材の新たな効用を産み出した経験に起因しているとのこと。

建築的デザインというか、小物、アクセサリーに建築要素のデザインをみてとれることも

多いですよね。

個人的にはこういったスタイリッシュ系が大好です。。

他にも、下記のようなユーモアあふれた

小物がございます。

020-94549-SD_3

 

バーバラ・フラナガンとは・・
icon

 

 

 

 

 

 

センプレ

まみ について

今は住宅設備の取り扱い説明を行ったり、内装決めのお仕事をしております。 戸建や公共施設の内装を見れるのは面白いです。 生活する場であるインテリアは、毎日関わりがある場で、 私達に少なからず影響を与えていると思います。 生活しやすく心地よければ毎日の生活も楽しく、きっと自分の一部のようにに感じるのではないでしょうか。 インテリアについて思っていることや、感じていることをお伝えできればと思っております。
カテゴリー: 日常, 雑貨、小物 パーマリンク