Yチェア

こちらのチェアはデンマークのハンスJ・ウェグナーの作品です。

木材はビーチ材で、デンマークでは最も需要の多い木なんですね。

日本ではブナ材ともいいます。

 

座面は、ペーパーコードで樹脂を含浸させた紙を撚った紐です。

座り心地は、ウレタンやクッションとは違い、座った瞬間かたいように感じますが、

その後、包み込まれるような柔らかさがあると思います。

手作業で1本1本編みこまれており、座り慣れていくと

自分の体に自然とフィットしていくのだと思います。

まさにオーガニックチェアですね。

私もペーパーコードはお気に入りのチェアです。

 

木材の仕上げは、ソープフィニッシュで

せっけん水をしみこませ

塗膜はつくらず、木地そのままの味を出す効果があり、

北欧などでよくおこなわれています。

オイルフィニッシュより自然に仕上がります。

ペーパーの素材感とシンプルな形は

和のイメージをも感じさせ

日本人の私達にとっても馴染みやすいチェアであるのだと感じます。

 

 

 

 

 

まみ について

今は住宅設備の取り扱い説明を行ったり、内装決めのお仕事をしております。 戸建や公共施設の内装を見れるのは面白いです。 生活する場であるインテリアは、毎日関わりがある場で、 私達に少なからず影響を与えていると思います。 生活しやすく心地よければ毎日の生活も楽しく、きっと自分の一部のようにに感じるのではないでしょうか。 インテリアについて思っていることや、感じていることをお伝えできればと思っております。
カテゴリー: 家具 パーマリンク