ANTON BOOKSHELF アントンブックシェルフ

ANTON BOOKSHELF Anton Brown

 

こちらは、イデーの家具で昔から気になっていたアントンブックシェルフです。

上の2段は文庫本、中の2段は単行本、下2段は大型の本を入れるつくりです。

棚は奥行きもあるので奥と手前に2列におくことができます。

レトロな雰囲気が漂う家具だな~と以前から思っていました。

カフェなどに本がディスプレイして置いてありそうなシェルフです。

実は、約10年前にイデーのシェルフを購入したのですが、

このアントンブックシェルフにしようか迷ったあげく、

最終的に別のシェルフに決めて、現在も使用していますが、そのシェルフが

下の写真になります。

私の部屋です☆

↓    ↓

こちらのシェルフは、もうイデーでは扱っていないようです。

当初はアントンブックシェルフのアンティークな雰囲気が魅力的で、どうしようかな~と

イデーに足繁く通ってました。

でもすっきりしたストレートラインのこのシェルフに決定!

それでも、今でもアントンブックシェルフは素敵だな~と感じます。

イデーの人気商品だからこそ今でも残っているのでしょうね・・

使い勝手ですが、購入したブックシェルフも文庫本、単行本と使い分けできるので収納しやすいです。

また、アントンブックシェフと購入したシェルフもそうですでが、ホワイトアッシュ材のブラウン染色になります。

ホワイトアッシュ材は北米産の広葉樹で、美しい木目を持つ材です。

弾力性と耐衝撃性がありテニスラケットやスキー材といったスポーツ用品に使用されています。

お部屋をカフェ風にみせたい方やちょいアンティーク風にも合わせれるアントンブックシェルフを

ぜひおススメしたいです。

存在感のあるシェルフですよ。。



 





まみ について

今は住宅設備の取り扱い説明を行ったり、内装決めのお仕事をしております。 戸建や公共施設の内装を見れるのは面白いです。 生活する場であるインテリアは、毎日関わりがある場で、 私達に少なからず影響を与えていると思います。 生活しやすく心地よければ毎日の生活も楽しく、きっと自分の一部のようにに感じるのではないでしょうか。 インテリアについて思っていることや、感じていることをお伝えできればと思っております。
カテゴリー: 家具 タグ: パーマリンク