お気に入りのインテリア~恋するマドリ

何年か前にみた映画でインテリアが気になった映画。

新垣結衣ちゃん主演の映画‘恋するマドリ’です。

Franc francが15周年を記念してつくられました。

あの映画をみてからお気に入りのインテリアとして自分の携帯の壁紙にもなってる。

お気に入りのインテリアは、菊池凜子が扮するアツコの部屋。

家具、床、建具はブラウンベースで、さし色となる小物やファブリックで引き立たせる。

そして、風通しのよい大きな開口部。

結衣ちゃんが恋する映画だったけど、最後はなんだかホッとする爽やかな映画だった。

それぞれの登場人物の部屋は、小物とか窓まわりなど色づかいとか、、個性がでていておもしろい。

もちろんすっきりときれいになっている部屋も素敵だけど、

物が置かれているちょっと生活感ある部屋も大好き☆

なんだか人間くさくてそれは生きてるあかしというか。。

仕事とか関係なく好きなインテリアがあるのは、原点にもどれる瞬間でもあるので

楽になれる瞬間でもあるかな・・

また映画みたくなった。。

恋するマドリ プレミアム・エディション (初回限定生産) [DVD]

 

 

 

 

生活雑貨

まみ について

今は住宅設備の取り扱い説明を行ったり、内装決めのお仕事をしております。 戸建や公共施設の内装を見れるのは面白いです。 生活する場であるインテリアは、毎日関わりがある場で、 私達に少なからず影響を与えていると思います。 生活しやすく心地よければ毎日の生活も楽しく、きっと自分の一部のようにに感じるのではないでしょうか。 インテリアについて思っていることや、感じていることをお伝えできればと思っております。
カテゴリー: BOOK,映画 タグ: , パーマリンク